WORK

WORK · 27日 2月 2021
『ラジオ体操第1. 1』
『ラジオ体操第1.1』 (六本木アートナイト スピンオフ・プロジェクト オープンコール採択作品) 杉本音音、遠藤七海による身体を用いた実験・考察企画「Ne Na Lab」が考案する新たなラジオ体操。2020 年、感染症拡大の影響で「新しい生活様式」が始まった。前向きな言葉とは裏腹にマスクで見えない相手の表情、家に籠って出会いのない日常という閉塞感が社会に漂っている。「新しい生活様式」をもっと楽しく捉えることはできないだろうか。そこで、「新しい生活様式」=日常のアップデートと捉え、ラジオ体操第一のアップデート版『ラジオ体操第1.1』を制作した。
WORK · 10日 8月 2020
『ラジオ体操第一』について 調査する,やってみる。
WORK · 07日 5月 2020
Instagramのライブ配信では、録画してから配信されるまで約15秒の時差があります。この時差を利用し、配信された15秒前の相手の動きの真似をします。真似をし、真似をされる。この繰り返しから、動きの捉えきれない部分や自分の動きのくせ、また通信障害が起き、振付が変化していきます。そして、配信された同じ人物を真似をした時、今/15秒前、自分/他者、という時差・空間を超えた″ユニゾン″が起きます。
WORK · 04日 4月 2020
コンタクトインプロビゼーションとは相手に触れて、押し合ったり、引いたり、相手の動きに反応しながら即興で動くコンテンポラリーダンスの要素の1つです。 つまりコンタクトインプロビゼーションは本来、対面でしかできないものです。 しかし最近、会議や飲み会、授業など様々なもののオンライン化が試みられています。オンラインでもコンタクトができるのではないか。 「相手との境界を曖昧にする」というコンセプトの元、オンラインでのコンタクトの稽古・配信・対話を行いました。